思春期ニキビに本当に効果があるのはどれ?市販薬ランキングベスト3

 

ニキビ薬は皮膚科で処方してもらえるものもありますが、副作用の心配もありますし、出来れば手軽に購入出来て、薬剤師にも相談できる薬局やドラックストアで購入できればいいですよね。

 

今では多くのニキビ市販薬が販売されていますが、ドラックストアや薬局で購入できる薬はあまり効果がないと思い込んでいませんか?

 

皮膚科に行かなくても、思春期ニキビは市販薬でも治すことができるのです。

 

皮膚科に通うとなると、意外とお金もかかってきますし、出来たら皮膚科に行かずに自分で何とかしたいですよね。

 

でも、ニキビの市販薬はたくさん種類がありすぎて、どのニキビ市販薬が本当に効果があるのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、おすすめしたい思春期ニキビに効果がある市販薬をランキングベスト3にまとめてご紹介します。

 

思春期ニキビに悩んでいる方、必見です。

 

 

<ランキング3 ペアアクネクリームw>
ペアアクネクリームwはイソプロピルメチルフェノールという非常に殺菌性が高い成分が配合されています。

 

赤く炎症を起こしている思春期ニキビにも1週間くらいで治すことができるので、ニキビの市販薬の中でもかなり人気の市販薬です。

 

それだけでなく、アクネ菌の繁殖を防ぎ、抗炎症作用があるイブプロフェンピコノールも配合されているので、思春期ニキビに効果の強く、1000円以内で販売されているので、気軽に購入することができるのもおすすめできるポイントです。

 

 

<ランキング2 テラコートリル>
テラコートリルの特徴は何といっても市販薬なのにステロイドが含まれていることです。

 

ステロイドは皮膚科でのみ処方されるものなのですが、ステロイドの中でも一番成分刺激が弱いので、市販薬でも販売することができるのです。

 

抗炎症が作用が強いので、思春期ニキビだけでなく、ニキビ跡にも効果を発揮します。

 

ただし、敏感肌の方は副作用で赤みや痒みを起こす可能性があるので、まずは少量使ってみて肌トラブルが起きないかどうかチェックしてから使用するようにしましょう。

 

 

<ランキング1 オロナインH軟膏 >
オロナインといえば擦り傷やあかぎれなどを治す薬と思われがちですが、実は思春期ニキビを治すのに、とても効果が高い市販薬なのです。

 

強い殺菌作用を持つクロルヘキシジングルコン酸塩液がニキビの原因であるアクネ菌を殺菌します。

 

ただ殺菌作用があるだけなら、他のニキビ市販薬と変わりがないように感じますよね。

 

実はニキビの市販薬の多くに含まれている殺菌作用はアクネ菌の繁殖を殺菌、防ぐと同時に肌を乾燥させてしまうデメリットがあります。

 

しかし、オロナインH軟膏には保湿力が高いワセリン、グリセリン、オリブ油が入っているので、乾燥から守り、アクネ菌を殺菌しながら肌に必要な水分を保持することができます。

 

また、オロナインH軟膏は副作用が起こりにくいことから、安心して使い続けられるという点でも人気が高いのです。

 

赤ニキビであれば約1週間でほとんど鎮静します。

 

 

<市販薬でも思春期ニキビは治る!>
思春期ニキビは皮膚科に行かなくても市販薬でも十分効果を発揮することが知っていただけましたでしょうか?

 

もちろんどんなに効果があるニキビ市販薬でも、顔を洗っておらず、余分な皮脂や汚れが残ったまま使っても思春期ニキビを治すことはできないので、市販薬を上手く使いながら、肌を清潔にし、潤いを保たせるようしっかりと保湿するように心がけましょう。

 

>>トップページへ戻る